たちうお

ハイドライドII

SHINE OF DARKNESS

ストーリー

これは私たちが住んでいる世界とは、全く次元の異なった世界でのお話です。伝説や神話とかが、単なるお話としてではなく現実になったような、そんな不思議な世界です。剣と魔法がすべての世界。その世界をそこに住む人々はフェアリーランドと呼びました。かつて怪物たちに支配されていた時代は終わりを告げ、人々は平和な時代に陶酔していました。

同じ頃、地の底深くで異変が起こりつつありました。ひとつの「意識」が覚醒したのです。その「意識」は邪悪に満ちていました。新たな怪物を創造し、死んだ者を蘇生させて、地下にひとつの世界と呼べるようなものを作りあげてしまったのです。地下を征服した「意識」は、それだけでは満足せず、地上のフェアリーランドにまで、その力を拡大しようとしていました。

この地下の異変に、修道僧たちは早くから気づき、フェアリーランドの人々に説いたのです。しかし、平和な世界に生きる人々には、まったく聞きいれてはもらえませんでした。修道僧たちは、そんなフェアリーランドの人々に失望しました。このままでは、怪物が地上に現れる日も近いのです。誰か救世主はいないのか。そんな修道僧たちの願いに心打たれた神は、時空をねじまげ人間の世界とつなげたのです。神は人間の中から、まだ心の汚れていない1人の男の子を選んだのでした。

This is a story occured in different space from we live. It was a wonderful world dominated by the swords and the magic. Those who living in that world called there "Fairy Land". As the times dominated by the monsters had finished, people were intoxicated with the peace, as you know.

At that time, an incident was occurring in the bottom. A "Consciousness" filled with evil awoke! Though it created new monsters, brought the dead back to life, and organized a world, it was not satisfied. So it wanted to dominate "Fairy Land".

Monks noticed it from early time and told the people about it. But they never gave ear. Monks were disappointed at them. "It won't be long before it appers. Are there any savior?" God was impressed such monks' prayer, and warped the peace-time an innocent boy living in the human world.

ページのトップへ